ホーム > ブログ

ブログ

咲き始め

2020.03.26 12:28

バスの窓からほぼ満開のさくらの木が見えた。
その周りに集まる人たち。

イベントの中止やら、外出規制やらで、
なんだかモノクロの、無機質な世界に放り込まれたよう。

だけど、この桜のおかげで、
張り詰めた息苦しいモノクロの世界がほんの少し、
色づいた気がする。ホッとした。

春まで、あと少し。。。

えだまめお

人がいない…

2020.02.14 16:11

今朝の嵐山。

コロナウィルスの影響で、

普段なら観光客でにぎわう

渡月橋も、

嵐山公園も、

阪急嵐山駅も、

閑散としております。

人がいません。

お土産屋のおじさんも、人力車をひくお兄さんも、

「仕方のないことやけど、お客さんが来ないのです…」とみんな嘆いておられました。

ああ寂しい。

えだ まめお

 

あけましておめでとうございます

2020.01.09 11:50

2020年、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年はねずみ年、オリンピックが開催される年でもあります。

 

皆さんはどんな一年にしたいですか?

まめおは、今年いろいろやってみたいことがあるんですが、そのなかでも2つの「やってみたいこと」をここで発表しておきたいと思います。

ひとつめは、ピア・カウンセリング。さくらには障害のあるスタッフもいるので、さくらに入って2年目となる今年は、ピア・カウンセリングをやってみようかと思います。

 

ふたつめは、ライブ。去年スタートさせたユニット『45°(アングル・フォーティー・ファイブ)』でライブを5回やります!5回できるか正直不安やけど、やります。あの、何とも言えないシュールな世界に今年もみなさんを誘います。ふふふ……。

 

えだ まめお

 

講演と車イス体験やら…

2019.12.19 17:00

今年も気づけばあとわずか。

布団からなかなか抜け出せない、布団と毎日格闘しているまめおでございます。

さてさて、まめおは今月5日、亀岡市のとある小学校にお邪魔して、子どもたちに向けて講演と車イス体験をやってきました。

階段や段差はバリアとして認識されやすいものですが、

放置自転車やエレベーターなど不特定多数の人が一度に利用したり、

あるいは利用するときの不注意から、車イスの人がスムーズに通れなかったり、利用できなかったりすることもバリアになることを伝えたり、

みんなができるお手伝いについて一緒に考えたりもしました。

車イス体験では、4人一組になり段差を超えてもらったり、パイロンを利用してスラローム(S字)走行を体験してもらいました。

ぶつかったりつまずいたりしながらも、「次、段差上がりまーす」「曲がりまーす」と、初めての車イス体験を楽しんでいた子供たち。

ハラハラドキドキなことも、ほほえましいこともいっぱいあった、そんな体験になりました。

やっぱ、こういう体験って、見ているこっちがたのしい!「車イスって、すごい!」とか「楽しい!」とかいう声を聞くのが、たまんない♡

ご要望さえあれば、さくらスタッフ、どこでもお出かけ、出張いたしまーーす♪お気軽にお声掛け・お問い合わせください!

 

えだまめお

特等席と男の子

2019.11.22 15:30

『ほら、車イスのお兄さんの邪魔になるから、アンタは下がりなさい』

ドアが開くなり駆け足で僕のほうに近づいてきた男の子、お母さんの『アンタは下がりなさい』の一言でしゅんとなる。

この男の子、よほど運転席の後ろから線路を見たかったんでしょう。

「わかる、わかるよ。運転席の後ろって特等席やもんね。線路見たいもんね。ごめんよ、お兄ちゃんが邪魔してるね」

そう思いながら、その男の子に特等席を譲ろうと車イスのブレーキを外す。

そしたらまた『線路を観たいのはアンタだけじゃないんよ!ほらお兄さんにも謝りなさい』とお母さん。

お母さんがこちらに向けて頭を下げる。

「いえ、大丈夫です」

(でも、違う。違うんですよ、お母さん。僕が特等席にいたのは、線路が見たかったからじゃなくて、たまたまそこが空いてたからなんです!!だからすぐ移動しますよ!!!)

というまめおの心の叫びが届くはずもなく。

そのあとの5分間。男の子と一緒に黙って景色を眺める。

(ま、だれもいない車両に、一人車イスで運転席の後ろでじぃーっと線路見てたら「線路が大好きな車イスのお兄さん」に思うわな…無理もない)

隣の男の子を見たらお母さんに叱られたのもあって、特等席から見ているにも関わらず、笑顔がない。

(ほんまごめんて!!)

楽しみにしていた電車、特等席…

それなのに…車イスのお兄さんが特等席を取っていて、しかもお母さんにも怒られる。

ああ、なんということをしてしまったんだ。

楽しいはずのお出かけを一瞬にして台無しになったんじゃないか…

そんな自責の念に駆られながら、寒空の下、とぼとぼと事務所に向かうえだまめお、2019 初冬。

えだまめお

 

 

̃y[WTOP