ホーム > ブログ

ブログ

» 2020 » 9月

南禅寺と水路閣

2020.09.28 13:56

先日の日曜日、お友達と一緒に南禅寺に行ってきました。

南禅寺を訪れるのは2年ぶり。

紅葉の名所としても有名な南禅寺やけど、緑が映える紅葉もなかなか乙なもの。

南禅寺を訪れたからには水路閣も見ておかないとね。

2時間ドラマでも使われるアノ場所です。だいたい犯人と対峙するアノ場所。

何度見てもすごいです。琵琶湖の水を京都市内に運ぶための一大事業ですからね。

で、水路閣を設計したのは21歳の大学生というから、またすごい。

一緒に行った友達も、楽しんでくれたようです。よかったよかった!

※南禅寺・水路閣の詳細はこちら

えだ まめお

2020.09.20 12:07

第5話:ぷよぷよe-sportsでCPU100人抜きチャレンジ①
どうも皆さん、晃功です。

さあ、始まりました。晃功ぃぃeeeee!5回目です。

本日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
さて今回プレイするゲームはこちら

デデン!『ぷよぷよe-sports』です!
ランダムに上からニコイチで落ちてくるぷよ(グミみたいなヤツ)をくっつけて、消していくゲームです。ぷよは全部で5色あり(赤・青・緑・黄・紫)同じ色が四つ以上繋がると消える。どちらかのフィールド上(縦12マス×横6マス)がいっぱいになるか左から3列目が一番上まで埋まるとバトル終了。

ぷよを消すたびに相手側に障害物(お邪魔ぷよ)を落とせる。また連鎖して消すと大量にお邪魔ぷよを投下でき、より対戦が有利となる。

ルールはざっくりですが、以上です。

さて、今回はひとりでぷよぷよのぷよぷよ通モードのかちぬき戦(倒す度に次々と相手が現れる)に挑もうと思います。


目標は・・・ズバリ大きく100人抜き!無茶かもですが、企画的にはそれぐらい設定した方が面白いんじゃないかと(笑)

では記念すべき1stチャレンジの模様を写真とともにお送りいたします。

序盤はコツコツと連鎖を狙いつつだったので、スコアはやや劣勢。

すると相手に3連鎖を決められてしまい、お邪魔ぷよを落とされ、いきなりのピンチ!!!


しかし、一人目で負けるわけにはいかないと意地をみせる。


ここ一番で3連鎖が決まり、なんとか逆転!まずは1人抜き。


喜びも束の間、序盤の劣勢が痛手となり、あっさりと敗北・・・

1戦目の敗因は連鎖を狙い過ぎで、常時、デッドラインギリギリの戦いにしてしまったこと。
以上を踏まえ再チャレンジ。


今回は快調に勝ち進み、さらには4連鎖(自己新)も飛び出すなど良い流れを保ちつつ無難に5人抜き。

よーし!この調子でどんどん勝ち進んでやる!

ガーン。3列目を高く積み過ぎるという凡ミスを犯してしまい、そこにお邪魔ぷよを落とされジ・エンド。
今回も敢え無くチャレンジ失敗。
3戦目は語るまでもない凡ミスを犯し見せ場ゼロ。
そして本日のラストチャレンジ。

序盤に4連鎖などあって、スイスイと勝ち進んでいく。3連鎖以上はほぼ思ったように出せるようにはなってきた。


ラストチャレンジはなんとか意地をみせたかったものの、奮闘及ばず・・・

7人抜きで力尽きてしまいました。

次回は10人抜き目指したいですね。

また第二弾も頑張っていきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

TO BE CONTINUED

嵐山公園

2020.09.17 15:48

事務所近くにある嵐山公園。まめおもよく訪れるのですが、最近はやっぱり人が少ない。観光のお客さんはもちろんのこと、サイクリングの途中で休憩に訪れている人、ジョギングで来ている人、ワンちゃんの散歩で来ている人など、いろんな人の憩いの場所になっています。

特にお気に入りの場所は、休憩場所。
なぜか?そこには人それぞれいろんなエピソードを持っている人たちが集まっているからです。5分から10分のほんの少しの会話に、その人のこれまでの歩んできた人生、あるいは、人生観や生活感を垣間見ることができることもあります。

元学校の先生で、退職後は自宅を開放して勉強を教えている人がいたり、大阪から子供と一緒に自転車で来てたりしたけど、その子供も大学を卒業して東京の企業に就職したので、ひとりで自転車に乗って嵐山に来ているという人がいたり、大企業の社長をしていたけど、リーマンショック以降会社が倒産してしまって家を出て行ってしまったという人がいたり……。つい話に引き込まれて、うっかり遅刻しそうになったこともありました。

そんな話をきくたんびに、人って本当にそれぞれの人生があるな、普段テレビで流れているニュースを見て、物事をしったり、理解したつもりになったりもするけど、実はそれって一部分に過ぎないんだろなと思ったりもします。

嵐山といえば、大勢の観光客でにぎわっている一大観光地のイメージですが、ちょっと隣の人に声をかけてみたら、いろんな人の憩いの場所にもなっていることがわかりました。

そんな嵐山公園が、僕は好きです。

えだ まめお

友達のそうちゃん

2020.09.07 15:09

大阪に住んでいる友達、そうちゃん(仮称)が1ヵ月前から、実家を出てひとり暮らしを始めました。

僕と同じ脳性まひの障害で、車イスで、ヘルパーさんによる介助を受けながらの生活しています。今回が2回目のひとり暮らしだそう。

こういう話は、やっぱり自分のことのようにうれしくなるし、書かずにはいられなくなります。

そうちゃんと出会ったのは3年前、とある講座で出会って、すぐ友達になることができました。

それ以来、そうちゃんと神戸や嵐山に遊びに行っては「失恋地巡礼」と称し、

ポートタワーに登っては「俺、ここで告ったんやけど、あかんかってな」とか、

お互いの当時の失恋エピソードを発表したり、時にはしんみりしてみたり、

ええ歳こいたおっさん二人が、周りの目もくれず、そんなことをして遊んでいるわけです。

―ほんと、おっさん二人が何をしているんだろう…。

こうやって文章にするとアホさ加減がより目立つ(笑)―。 続きを読む »

JeS[

ߋ̋L

N

̃y[WTOP