ホーム > ブログ

ブログ

晃功ぃぃeeeee!そうだ!今からe-sportsに挑戦しよう

2020.09.20 12:07

第5話:ぷよぷよe-sportsでCPU100人抜きチャレンジ①
どうも皆さん、晃功です。

さあ、始まりました。晃功ぃぃeeeee!5回目です。

本日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
さて今回プレイするゲームはこちら

デデン!『ぷよぷよe-sports』です!
ランダムに上からニコイチで落ちてくるぷよ(グミみたいなヤツ)をくっつけて、消していくゲームです。ぷよは全部で5色あり(赤・青・緑・黄・紫)同じ色が四つ以上繋がると消える。どちらかのフィールド上(縦12マス×横6マス)がいっぱいになるか左から3列目が一番上まで埋まるとバトル終了。

ぷよを消すたびに相手側に障害物(お邪魔ぷよ)を落とせる。また連鎖して消すと大量にお邪魔ぷよを投下でき、より対戦が有利となる。

ルールはざっくりですが、以上です。

さて、今回はひとりでぷよぷよのぷよぷよ通モードのかちぬき戦(倒す度に次々と相手が現れる)に挑もうと思います。


目標は・・・ズバリ大きく100人抜き!無茶かもですが、企画的にはそれぐらい設定した方が面白いんじゃないかと(笑)

では記念すべき1stチャレンジの模様を写真とともにお送りいたします。

序盤はコツコツと連鎖を狙いつつだったので、スコアはやや劣勢。

すると相手に3連鎖を決められてしまい、お邪魔ぷよを落とされ、いきなりのピンチ!!!


しかし、一人目で負けるわけにはいかないと意地をみせる。


ここ一番で3連鎖が決まり、なんとか逆転!まずは1人抜き。


喜びも束の間、序盤の劣勢が痛手となり、あっさりと敗北・・・

1戦目の敗因は連鎖を狙い過ぎで、常時、デッドラインギリギリの戦いにしてしまったこと。
以上を踏まえ再チャレンジ。


今回は快調に勝ち進み、さらには4連鎖(自己新)も飛び出すなど良い流れを保ちつつ無難に5人抜き。

よーし!この調子でどんどん勝ち進んでやる!

ガーン。3列目を高く積み過ぎるという凡ミスを犯してしまい、そこにお邪魔ぷよを落とされジ・エンド。
今回も敢え無くチャレンジ失敗。
3戦目は語るまでもない凡ミスを犯し見せ場ゼロ。
そして本日のラストチャレンジ。

序盤に4連鎖などあって、スイスイと勝ち進んでいく。3連鎖以上はほぼ思ったように出せるようにはなってきた。


ラストチャレンジはなんとか意地をみせたかったものの、奮闘及ばず・・・

7人抜きで力尽きてしまいました。

次回は10人抜き目指したいですね。

また第二弾も頑張っていきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

TO BE CONTINUED

2020.08.28 16:56

第4話:初陣!結果は?

 

どうも皆さん、晃功です。

さあ、始まりました。晃功ぃぃeeeee!4回目です。

本日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

今回はスーパーボンバーマンRに挑戦しようと思います!

ボンバーマンは下のようなエリア内で最後まで生き残れば勝ちというゲームです。

今回は初っ端なんで様子見でCPUの強さは普通でいきます。

セット数の設定は2セットにしました。2勝すれば勝ちです。

ステージは仕掛けがなくプレイし易いシンプルなクラシックを選びました。

1、2戦は自爆などミスが目立ち1勝も出来ず惨敗。

うーん(´-ω-`)なかなか難しいぞボンバーマン・・・

そして本日のラストマッチ。

目指せ!記念すべき初陣で初勝利。

・・・

・・・

・・・

晃功以外が1勝ずつ上げ迎えた4セット目。

自爆で敗色濃厚となった状態からみそボンが土壇場で決まり1勝をもぎ取る。

※みそボンとは?
鬼ごっこで言うところの鬼。爆撃でやられてしまっても、制限時間の1分前までなら何度でもなれる。また相手を爆撃できれば復活可能。

しかし、次のセットは粘り切れず敗北・・・

残念ながら初陣は0勝3敗という結果でした。

よし!練習しよう。

では、本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

TO BE CONTINUED

2020.07.31 00:43

第3話:絶望→希望そして・・・

 

どうも皆さん、晃功です。

さあ、始まりました。晃功ぃぃeeeee!3回目です。

本日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

前回はゲームをなぜ好きになったのかを語らせていただきましたが、

今回は本題のe-sportsに挑むこととなったわけについて語っていきたいと思います。

 

2012年の夏ごろから何か理由があったというわけではないのですが、

急激にゲーム(TVゲーム)への関心が薄れ、遊ばなくなっていた時期がありました。

 

そして、ゲームからすっかり遠ざかって3年の月日が経った頃のことでした。

当時の僕は一人暮らしを始めてまだ3カ月ほど経った時期だったということもあり、親友が一度遊びに行きたいということで、そこでせっかくだからと一緒に野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』で対戦しようということになりました。

引用元:パワプロ 2020|eBASEBALLパワフルプロ野球2020公式サイト|KONAMI

そして、対戦当日を迎えるわけですが、まさかの事態が・・・・・・

 

 

 

あれ?何か以前の様に手がうまく動かせないし、それにボタンも押せない・・・

 

そう。このおよそ3年というブランクは晃功の身体機能を脅かすには十分過ぎたようで、

ろくすっぽコントローラーも扱えないほどとなっていたのです・・・

このショッキングな出来事に絶望してしまい、ゲーム(TVゲーム)はもうできないだと諦めてしまいました。

 

しかし、それも2年半が過ぎた頃のことです。

当時、PlayStation 4とニンテンドー3DSで発売された『ドラゴンクエストⅪ』のプロモーションムービーに魅せられ、ゲームへの強い想いが再燃し『PS4』と『ドラクエⅪ』を衝動買い。

引用元:ファンキット | ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 公式サイト | SQUARE ENIX

これには買っても自操で遊べるのかって心の中で自分ツッコミしましたけど(笑)

ただ今回はなんとしてでもゲームをやりたいという想いが強く、何かやれる術はないかと必死に食らいつきました。

そして困ったときはGoogle検索ということで、早速ググってみることにしました!

いろいろと調べているうちにとあるブログに辿り着きました。

それは晃功と同じ病気を抱える自称・寝たきり障害者ゲーマーという方のブログでした。

読んでみると肢体障害がある中で如何にしてゲームを操作しているかといった、情報が書かれていました。その後、ブログから得た情報をすぐさま実践。そしてついにゲームを自操することができるようになったのです。これには本当に救われた気分になりました。

 

それからコツコツとゲームを楽しんではいたのですが、

このまま趣味で終わらせるのは何か勿体ない気がして、

今回、e-sportsの世界に挑もうと思った次第です。

人生は一度きり。ならば後悔なく後腐れないように!

 

ちょっと長くなってしまいました。すみません。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次回はようやくゲームプレイについてのお話です。よろしくお願いします。

 

TO BE CONTINUED

2020.07.10 00:26

第2話:ゲームはともだち?

どうも皆さん、晃功です。

さあ、始まりました。晃功ぃぃeeeee!2回目です。

本日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

ええーっと、今回はあれですね。

なぜ僕がゲーム好きになったのかを話していきたいと思います。

 

1993年、僕は6人兄弟の末っ子として生まれました。

そんな家庭環境の影響もあり、幼少期からいろんなゲームで遊ぶ機会に恵まれていました。

人生最初にプレイしたタイトルは、恐らくスーパーマリオカートだったと思います。

あっ、ちなみに補足ですが、スーパーマリオカートは任天堂が1992年に発売したスーパーファミコン用ソフトでマリカーの愛称で親しまれるレースゲームです。

その後もシリーズ化され現在も根強い人気タイトルであります。

引用元:スーパーマリオカート | 任天堂HP

ただ、その時はまだプレイの対象年齢ですらなかったので

コースの逆走、カーブを曲がる時に無駄に身体を左右に傾けたり(笑)

して遊んでいたのをおぼろげに覚えています。それが僕とゲームとの最初の出会いでした。

そこからゲームの魅力にすっかりハマってしまい、いろんなタイトルを無我夢中にプレイするゲーム大好き少年になっていきました。

キャプテン翼の主人公・大空翼が、森崎有三に「ボールはともだち こわくないよ」と言ったように、僕に言わせれば「ゲームはともだち こわくないよ」といっても過言ではない。いや言い過ぎか(笑)

こんなにゲームが好きな晃功少年だったが、

まさか・・・この先に過酷な運命が待ち受けているとは・・・

この時はまだ知るよしもない晃功であった・・・

TO BE CONTINUED

2020.07.02 23:52

第1話:晃功e-sports始めます。

どうも皆さん、スタッフの晃功(あきのり)と申します。

僕はデュシェンヌ型筋ジストロフィーという進行性の難病を患っています。

筋ジストロフィーとは?

筋ジストロフィーとは、筋肉が壊れやすく、筋肉の再生が追い付かなくなる病気です。
そのため、筋力が徐々に低下し、運動機能など、さまざまな機能に障害が起こります。

引用元:デュシェンヌ型筋ジストロフィーを知る |日本新薬株式会社

そんな僕ではありますが、最近e-sportsの競技大会への出場意欲が湧いてきました。

ところでe-sportsと聞いてもピンと来ていない方もおられると思うので、ご説明すると。

eスポーツとは

「eスポーツ(esports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

引用元:eスポーツとは | 一般社団法人日本eスポーツ連合オフィシャルサイト

う~ん。何だかよく分からないという方やもっと詳しく知りたいという方は、是非、下記リンクの記事をご一読ください。

1分でわかる『eスポーツ』とは?|スマートフォンAQUOS:シャープ

さて、前置きはこれくらいで、

これからこのブログでは、e-sportsの魅力や身体の不自由な僕がどんな感じでゲームをプレイしているのか、などなどゆる~くお伝えしていけたらと思いますので、お付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

では、次回は僕がゲーム好きになった訳をご紹介したいと思いまーす。

JeS[

ߋ̋L

N

̃y[WTOP